檀家(檀信徒)

 お寺は大切な方のお墓がある場所というだけではなく、
みほとけの教えを学び
御教えをご自分の人生に生かし
より良い未来に向けて
歩んでいく為にはどの様な方法があるのか
御自分や今の環境を見つめなおしていく場でもあります。


 



住職は本尊である阿弥陀如来のお世話と仏事を司り、お寺を綺麗に維持しながら後世へ教えを継承していく責任があり、檀家はお寺に大切な方を祀り、お互いに協力してお寺を支えていくという役割がございます。檀家の皆様はいつでもお寺にお越し頂けますし、空いていればお寺の施設を使用することも可能です。

 当山は入檀・離檀の際に特別なお布施等は頂戴しておりません。浄土宗の教えに抵抗がない方でしたら、どなたでも檀家になって頂けます。

 【護寺会費】  14000円/年 (月1000円×12ヶ月+通信費2000円) より


 

墓地区画

3尺画(90㎝✕90㎝)

永代使用料

​20万円

4尺画(120✕120)

永代使用料

​40万円

5尺画(150×150)

永代使用料

​60万円

永代供養

ご遺族が供養を続ける場合

永代供養料

​30万円/1霊

法事等行う事が出来ない場合

永代供養料

​60万円/1霊

※お二人以上の場合はご相談ください